HOME > お知らせ

ドキュメンタリー番組『チンパンジーを守れ〜ジェーン・グドールとアフリカの森〜』放送決定。

2006年製作ドキュメンタリー番組(制作 Discovery / アメリカ)がNHK教育番組「地球ドラマチィック」で放送されます。

『チンパンジーを守れ〜ジェーン・グドールとアフリカの森〜』
2007年10月17日(水) 19:00〜19:45

CS放送では放送されていましたが、今回は地上波でどなたでもご覧いただけます。
ゴンベの森をジェーン博士と一緒に訪ねているような、そんな内容です。
チンパンジーの映像も盛りだくさん!!永久保存版です。
皆様ぜひご覧ください。

NHK教育番組「地球ドラマチィック」とは(NHKホームページより)
世界中からえりすぐったノン・フィクション番組をお届けする「地球ドラマチック」。
いろんな場所に冒険に出かけたり、奇抜なアイデアにチャレンジしたり、見たこともない世界の番組を放送します。「へー、こんな番組が外国にはあるんだ!」ときっと感じてくれるはず。

ページの先頭へ

ガイアシンフォニー 第5番上映会のおしらせ

横浜でガイアシンフォニー5番の上映会が開催されます。

日 時:19年10月15日(月)   
     18:30開場 19:00開演
会 場:港北公会堂          
     TEL.045-540-2400     

東横線大倉山駅〜徒歩7分 
無料先着順です
花いおりさんの文化事業です。

http://www.uonobu.co.jp/hanaiori/bunnka.html

お近くの方ぜひ足をお運びください。

地図はこちら

ページの先頭へ

伊谷純一郎著作集出版記念シンポジウムのおしらせ

ジェーン博士の長年の友人であった故伊谷純一郎氏の著作集がこのたび刊行されることになりました。

霊長類学、生態人類学の開拓者の全貌を紹介する待望の著作集です。


伊谷純一郎著作集 全六巻
2007年9月第一巻刊行
以下3ヶ月ごとに巻数順に刊行予定

編集委員(五十音順)
   太田至、澤近十九一、寺嶋秀明、山極壽一
全巻構成
    第1巻『日本霊長類学の誕生』  解題=河合雅雄
   第2巻『類人猿を追って』  解題=西田利貞
   第3巻『霊長類の社会構造と進化』  解題=加納隆至
   第4巻『生態人類学の鼓動』  解題=掛谷誠
   第5巻『遊牧社会の自然誌』  解題=田中二郎
   第6巻『人類学と自然の旅』  解題=篠原徹

定価=各巻:12,600円(税込)

また、出版を記念してシンポジウムも開催されます。

「サル、ヒト、アフリカ 人間性の起源を求めて」

2007年9月22日(土)14:00より
京都大学百周年時計台記念館ホール

書籍・シンポジウムに関する詳細はこちらをご覧ください。

 

地図はこちら

ページの先頭へ

伊谷純一郎著作集出版のおしらせ

ジェーン博士の長年の友人であった故伊谷純一郎氏の著作集がこのたび刊行されることになりました。   

霊長類学、生態人類学の開拓者の全貌を紹介する待望の著作集です。

伊谷純一郎著作集 全六巻
2007年9月第一巻刊行
以下3ヶ月ごとに巻数順に刊行予定

編集委員(五十音順)
太田至、澤近十九一、寺嶋秀明、山極壽一
全巻構成
第1巻『日本霊長類学の誕生』 解題=河合雅雄
第2巻『類人猿を追って』 解題=西田利貞
第3巻『霊長類の社会構造と進化』 解題=加納隆至
第4巻『生態人類学の鼓動』 解題=掛谷誠
第5巻『遊牧社会の自然誌』 解題=田中二郎
第6巻『人類学と自然の旅』 解題=篠原徹 

定価=各巻:12,600円(税込)
書籍に関する詳細はこちらをご覧ください。

ページの先頭へ

ゴンベの森が特集番組に登場します。

タンザニアではチンパンジー研究の聖地ゴンベが登場しますが、それだけではなく、原猿類(レムール)と呼ばれるキツネザルの仲間(マダガスカル)、絶滅の危機にあるマウンテンゴリラ(ルワンダ)の映像も流れます。

どうぞお見逃しなく。

8月20日(月)21時〜22時54分
TBS系全国ネット

アフリカ大自然スペシャル“僕らはサルだ!”
〜織田裕二の類人猿と触れ合う感動紀行〜

ページの先頭へ

京都大学霊長類研究所創立40周年記念事業のおしらせ

アイちゃん、アユムくんのくらすことでもしられる、京都大学霊長類研究所は創立40周年を記念して6月1〜3日にかけてさまざまなイベントを行います。
6月1・2日は京都大学で、翌3日は東京大学で行われます。(日にちと場所にご注意ください)

京都大学霊長類研究所 創立40周年記念事業
主催:京都大学霊長類研究所
日時:6月1日(金)2日(土)
場所:京都市左京区吉田本町 京都大学本部時計台記念館(参加費無料)
6月1日(金) 講演会・公開講座プログラム
6月2日(土)「京都大学霊長類研究所公開講座」
講演・シンポジウムのほかに展示もあります。

企画展示(於:歴史展示室)
5月8日(火)-7月1日(日)「霊長類学の現在、過去、そして未来」
(6月4日(月)のみ閉室)

写真展(於:京大サロン)
5月7日(月)-6月15日(金)「原野でサルと共に歩んだ40年」

公開シンポジウム
日時:6月3日(日)午後2時より5時半まで。
場所:東京大学・弥生講堂一条ホールhttp://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/
南北線「東大前」駅下車徒歩1分、東京大学農学部正門横

 詳しくは京都大学霊長類研究所ホームページをご覧ください。

ページの先頭へ

JGI-JAPAN タンザニアツアー「東アフリカ・タンザニアへの旅 」参加者募集のお知らせ

2005年、2006年と開催し好評を博しましたJGI-JAPAN タンザニアツアー
「東アフリカ・タンザニアへの旅 〜ジェーン・グドールの原点をたどる〜」
今年も企画いたしました。

2005年のツアー記はこちらをご覧ください。

このツアーは、動物行動学者・ナチュラリストであるジェーン・グドールが主宰するNPOジェーン・グドール・インスティテュート(JGI)の日本支部JGI-Japanが企画する自然と動物を実感するエコ・ツアーです。
ジェーン・グドールの活動の原点とも言えるタンザニアのゴンベ国立公園で野生チンパンジーを観察し、JGIの環境保全活動であるTACARE(植樹活動)(予定)を見学・体験します。さらにミクミ国立公園でのキリン・シマウマ・ゾウといったアフリカを代表する動物を観察するゲーム・ドライブを行います。
熱帯雨林に近いゴンベの森、サバンナの典型であるミクミ、同じタンザニアでありながら全く異なる顔をもつ2つの環境を体感していただくと共に、野生動物が暮らす自然をありのままにご覧いただきます。
ツアーに参加された皆様ご自身がこの体験を通じて、新たな発見をされることを願っています。

参加をご希望される方は、2007年5月2日(水) までに JGI-JAPAN事務局までメールかファックスでお知らせください。
メールでお申し込みいただく方は、まず以下のお問い合わせフォームをご利用いただき、参加人数をお書き添えくださいますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォームは以下をクリックしてください。

申し込みお問い合わせ
ファックスは 0863-43-9521 までお送りください。
ご連絡を頂いた方には、折り返し事務局からご連絡を差し上げます。
事務局では先着順で「会員参加者リスト」を作成します。この参加者リストは当会会員を優先させますので何卒ご了承ください。

JGI-JAPANへご入会をご希望される方はこちらをクリックしてください。
もしくは下記からJGI-JAPAN入会メールをJGI-JAPAN事務局までお送りいただけます。

2007年5月2日以降、席に空きがある場合は一般の方々へも参加の呼びかけを開始いたします。

一般の方々への募集は 2007年5月3日(木) からとなります。 

『東アフリカ・タンザニアへの旅』 〜ジェーン・グドールの原点をたどる〜
 本当のアフリカを体験し私たちの生活を少しだけ見つめ直してみませんか?

期間:2007年8月17日(金)関西空港出発・8月26日(日)着  全行程10日間
料金:お一人様 433,000円
★関西空港使用料、タンザニア空港税、航空保険料、燃油特別付加運賃は別途お支払い下さい。
★少しでも多くの方にご参加いただくため、価格はギリギリまで下げております。
★金曜深夜便で出発 〜 翌々日曜夕方着 です 
★旅行出発日  2007年8月17日(金)関西空港出発・8月26日(日)関西空港帰着
★他空港からのご出発はご相談下さい。

旅行日程

日程 スケジュール 食事 宿泊
1日目 関西空港発(航空機)   機中泊
2日目 ダルエスサラーム到着 ダルエスサラーム
3日目 国立博物館の見学 (希望者)  
  ダルエスサラーム発(航空機)・キゴマへ キゴマ
  キゴマ到着   ロッジ泊
4日目 TACARE表敬訪問 ゴンベ
  キゴマ発(船)・ゴンベへ レストハウスもしくは
  ゴンベ到着 ホステル泊
5日目 ゴンベ国立公園でチンパンジーの観察 ゴンベ
    レストハウスもしくは
    ホステル泊
6日目 午前 ゴンベでチンパンジーの観察  
  午後 ゴンベ発(船)・キゴマへ ダルエスサラーム
  キゴマ発(航空機)・ダルエスサラームへ ホテル泊
7日目 ダルエスサラーム発(陸路)・ミクミへ ミクミ
  ミクミ国立公園にてゲームドライブ ロッジ泊
     
8日目 午前 ミクミ国立公園にてゲームドライブ  
  午後 ミクミ発(陸路)・ダルエスサラームへ ダルエスサラーム
  ダルエスサラーム着 ホテル泊
  夕刻 夕食会    
9日目 午前 ダルエスサラーム市内で買い物(希望者)  
  午後 ダルエスサラーム発(航空機) 機中泊  
10日目 関西空港到着    


<食    事>朝食7回、昼食5回、夕食7回(左記食事に機内食は含みません)
<添  乗  員>同行しません。
<最少催行人員>6名
<利用航空会社>エミレーツ航空

詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので、ご確認の上、お申し込み下さい。

ゴンベ国立公園
タンザニア西部・タンガニイカ湖畔にあり、チンパンジーを主要保護動物とすることを目的に、1968年に設立された国立公園。イギリスの動物行動学者ジェーン・グドールが、1960年に世界ではじめて野生チンパンジーの研究をおこなったことでも有名である。本公園でのチンパンジー研究は45年以上経た今でも続けられている。チンパンジーのほかに、オリーブヒヒ、アカコロブス、アカオザル、ブルーモンキーなどのサル類も生息している。   


ミクミ国立公園
タンザニア最大の都市、ダルエスサラームの西300kmのところに位置する国立公園。ダルエスサラームから近いため、車で出かけ気軽にゲーム・ドライブを楽しむことができる。ゾウ、キリン、バッファロー、シマウマ、アンティロープ(レイヨウ)類など、サヴァンナを代表する草食獣が多い。草原では肉食獣のライオンに、水辺ではカバに出会える可能性も高い。 
(参照 『カリブタンザニア』(発行 JATATOURS 2005年7月))

なお、ゴンベ国立公園では毎日トラッカーがチンパンジーを追っておりますが、野生動物に関しましては、必ずご覧いただけるという保障はございません。
何卒ご了解のうえお申し込みいただきますようお願い致します。



■お申し込みはこちらへ
エアーワールド(株)代理業:株式会社マイチケット TEL:06-4869-3444
大阪府知事登録旅行代理店業第5370号(旅行取扱管理者 山田和生)
〒660-0084 尼崎市武庫川町4丁目27-1 FAX:06-4869-5777  
E-MAIL : info@myticket.jp  URL:http://www.myticket.jp
■活動内容についてのお問い合わせはこちらへ
呼びかけ:ジェーン・グドール・インスティテュート・ジャパン
E-MAIL : info@jgi-japan.org  URL:http://www.jgi-japan.org

旅行企画・実施:エアーワールド株式会社
国土交通大臣登録旅行業第961号 日本旅行業協会(JATA)会員
〒540-0026 大阪市中央区内本町2-214-207号

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

ページの先頭へ

ジェーン博士インタビュー「アメリカシロヅルが教えてくれた新たな世界観」upされています

ドキュメンタリーの放送で知られるDiscaveryのホームページでジェーン博士のインタビューと映像がごらんいただけます。
World explorer 世界を拓く人 (ジェーン博士のインタビュー記事と映像がごらんいただけます)
また、 誰でも経験する発見やひらめきの瞬間として、ジェーン博士がアメリカシロヅルと一緒に小型飛行機で飛行した体験について
の感想が記事になりました。
どちらもディスカバリーチャンネルのホームページでご覧いただけます。

World explorer 世界を拓く人こちらをクリックしてください。
ディスカバリーモーメント アメリカシロヅルが教えてくれた新たな世界観 はこちらをクリックしてください。

ページの先頭へ

ゴンベチンパンジーブログとgoogle earth が同時に楽しめるサイトができました。


このたび、Google EarthJane Goodall Institute chimpanzee blogが協力し、Google Earthでタンザニアゴンベ国立公園のチンパンジーたちの記事を立体地図上に見ることができるようになりました。
衛星写真による3Dの地図上あらわれた双眼鏡をクリックすると、JGIが運営するゴンベチンパンジーブログの記事や写真をごらんいただけ彼らの日常の行跡を追ったりすることができます。

ブログの記事は英語のみですが、Google Earthによる立体地図を見ることでゴンベの地理や尾根に沿った動きなど、よくわかるものになっています。
ぜひ一度皆様ものぞいてみてください。

ゴンベチンパンジーブログ単体(英語)はhttp://www.janegoodall.org/gombe-chimp-blog/でもごらんいただけます。

<Google Earthとは?>
Google Earth は、Google の検索技術と衛星航空写真、地図、地形や 3D モデルなどを組み合わせて、世界中の地理空間情報をお届けするソフトウェアです。
現在JGIのチンパンジーブログだけでなく、さまざまな視点から地球を見て楽しむことができるいわゆる擬似旅行の特集をしています。
Google Earth の特集コンテンツ につきましてはhttp://earth.google.co.jp/featured_content.htmlをご覧下さい。

なお、このサービスを利用するには、Google Earth のダウンロードが必要になります。
ダウンロードについてはhttp://earth.google.co.jp/download-earth.htmlからダウンロードが可能です。


Google Earth は、ブロードバンド回線を必要とする 3D ソフトウェアで、すべてのコンピュータで実行できるわけではありません。
ダウンロードの際はgoogle earth の注意点をよく読んでからご利用ください。

ページの先頭へ

ジェーン博士がディズニー野生生物保護基金より賞を受けました。

ジェーン博士がディズニー野生生物保護基金(Disney Wildlife Conservation Fund(DWCF))より
4月8日のウォルト ディズニーの自然保護祭典の際にJGIの更なる発展を願い助成金が授与されました。
ディズニー動物王国はジェーン博士に50万ドルの助成金を送りました。そのほかの受賞者は、2004年にノーベル平和賞を受賞したマータイさんなど計5名のかたがたです。
ディズニー動物王国の責任者であるBeth Stevensさんは「Walt Disneyが最初にバンビのスケッチを書いたときから動物たちはディズニーの歴史とは切っても切り離せないもので、私たちは今回、それぞれ個性的な面々を受賞者に選びました、なぜなら彼らはそれぞれ絶滅危惧種や地球の研究や保護に情熱を注いでいるからです。」とディズニーと動物とのかかわりと、受賞の理由を表明しました。
Disney野生生物保護基金に心より感謝申し上げます。

今回の受賞の記事については詳しくはJGI-USのサイト(英語)を
Disney Wildlife Conservation Fund(DWCF)については(英語) こちらをご覧ください。

ページの先頭へ