HOME > 講演会・各種イベント案内

SAGA10(アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い)に参加します

今年は11月に上野動物園と東京大学での開催となります。
さまざまな発表や、ポスター展示などのプログラムが予定されています。
JGI-JAPANでもブースを展示します。また一日目11月17日(土)のNGO活動発表もいたします。

多くの方々に週末の時間を楽しく過ごしてくだされば幸いに思います。奮ってご参加ください。

一日目
日 時:2007年11月17日(土)10:00〜   
    シンポジウム 講演 ポスター発表 エンリッチメント大賞2006/2007受賞後援会
    NPO活動報告&ブース展示 等 
会 場:恩賜上野動物園 動物園ホール・ずーポケット

二日目
日 時:2007年11月18日(日)9:00〜17:00   
   国際シンポジウム 
会 場:東京大学農学部 弥生講堂           
SAGAについて詳しくはこちらをご覧ください。

会場や開始時間が違いますのでご注意ください。また動物園では別途入園料が必要です。
多くの方々のご参加をお待ちいたしております。

ページの先頭へ

アロハス湘南に参加しました

日にち  2007年11月4日(日)
時間   10:00〜17:00
場所    辻堂海浜公園

 泥団子による荒地の緑化大作戦ではみんなで種子入り泥団子をこねたり、
またマルヤマサチコ氏によるマニス劇場も開催されました。
写真など詳細は近々アップします。

ページの先頭へ

2007年 ジェーン・グドール博士来日講演(東京)を開催いたします 。

東京講演:「世界は変えられる」
主催 早稲田大学国際教養学部
共催 ジェーン・グドール・インスティテュート・ジャパン 早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター  

会場: 早稲田大学西早稲田キャンパス 井深大記念ホール 
日時: 2007年11月13日(火)    
開演:16:30 (終了19:00予定)

第1部 ジェーン・グドール講演会「世界は変えられる」 16:30〜17:30

第2部 「(仮)早稲田から世界へ−学生だからできること−
「早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターの活動より」 18:00〜19:00
 ・エコミュニティ・タンザニア・プロジェクト・
 ・ボルネオ・プロジェクト
 ・JGI-JAPAN Roots&Shoots活動実践例として

それぞれ10分程度の発表のあと、全体での討論。

WAVOC エコミュニティ・タンザニア・プロジェクトについて
http://www.waseda.jp/wavoc/project-oversea-top.htm

WAVOC ボルネオ・プロジェクトについて
http://www.waseda.jp/wavoc/project/v-leader-borneo2007.htm

コメント Dr. Jane Goodall.DBE

入場 無料
ただし着席は先着順です。お早めにお越し下さい。

当日配布用資料がアップされています。早稲田大学HPコチラよりダウンロードして下さい。

交通
JR山手線 「高田馬場駅」下車 徒歩20分 
東京メトロ東西線「高田馬場」下車 徒歩5分    
西武線「高田馬場駅」下車 徒歩20分

お問い合わせ・その他ご質問はこちらのフォームをご利用ください。

多くの方々のご来場をお待ちしております。


地図はこちら

ページの先頭へ

2007年 ジェーン・グドール博士来日講演(京都)を開催いたします 。

京都講演:「野生チンパンジーと過ごした48年」 
共催  ジェーン・グドール・インスティテュート・ジャパン 京都大学霊長類研究所
後援  京都大学グローバルCOE生物多様性拠点
会場 :京都大学 吉田キャンパス 京都大学百周年時計台記念ホール

日時:2007年11月11日(日)
開場 13:00  開演14:00 (終了17:30予定)

「地球社会の調和ある共存に向けて―野生動物研究センターへの展望―」

第1部 人間とそれ以外の動物たちの現状と未来 14:00〜16:00
 ・「ひと科4属の共生」と動物園の役割  松沢哲郎(京都大学霊長類研究所)
 ・チンパンジー・サンクチュアリ 伊谷原一(林原類人猿研究センター)
 ・ゴリラとヒトの間:もう一つの類人物語 山極寿一(京都大学理学研究所)
 ・ヒトの老化とは何か?-フィールド医学の現場から- 松林公蔵(京都大学東南アジア研究所)
コメント 日高敏隆(京都大学名誉教授)

第2部 ジェーン・グドール講演会「野生チンパンジーと過ごした48年」 16:15〜17:30
挨拶 尾池和夫(京都大学総長)
祝辞 高円宮妃久子殿下

入場 無料 (第1部・第2部とも)
ただし事前申し込みが必要です。当日空席がある場合にのみ、当日参加いただけます。
往復はがきか電子メールでお申し込み下さい。

<京都講演の問い合わせ先>
[往復はがきでの申込]  484-8506 愛知県犬山市官林41 京都大学霊長類研究所総務掛電話0568-63-0512
[電子メールでの申込]  janegoodall(at)pri.kyoto-u.ac.jp 
(at)の部分を「@」(アットマーク)に変えてください

交通
市バス 「京大正門前」 または 「百万遍」 下車  
 ☆JR京都駅 阪急河原町駅 地下鉄烏丸今出川駅・東山駅など主要駅から市バスがでています☆

お問い合わせ・その他ご質問はこちらのフォームをご利用ください。

多くの方々のご来場をお待ちしております。


地図はこちら

ページの先頭へ

アースガーデン2007 at 代々木公園 に参加します ワークショップ「マニス」開催します。

アースガーデン2007 代々木公園にJGI-JAPANも参加します。
皆さま お近くにお立ち寄りの際はぜひのぞいてみてください。

日にち  2007年10月27日(土)、28日(日)
時間   10:00〜17:00
場所    代々木公園イベント広場(NHKホールとなり)

オーガニックライフ・マーケット、ファーマーズガーデン、エコ雑貨クラブ、エコロジーガーデンなどいろいろな団体のブースやイベントがあります。
秋の気持ちイイひと時を楽しく、そして思索しながらお過ごしください。
詳しくはホームページ(コチラ)をご覧ください。
皆様のおこしをお待ちしております。

JGI-JAPANではエコロジーガーデン(NPO/NGO出展ブース)に参加します。

ブースではJGI-JAPANの活動について、JGI-JAPANグッズの紹介など行う予定です。
さらに、子供向けワークショップ「マニス」を開催いたします。
熱帯雨林の大切さ、オランウータンの素晴らしさについてぜひ皆様に知っていただきたいと思います。

マニス ワークショップ  マルヤマサチコ
マニスについて詳しくは コチラ をクリックして下さい。

アースガーデンとは(アースガーデンHPより)
「オーガニック&エコロジーとライフスタイル」をメインテーマに『アースデイ東京』『ライフスタイル・フォーラム』『国連大学 世界環境デ ー』等、数多くのイベントで、企画提案や制作運営をおこなってきました。
『フジロック フェスティバル』『ap bank fes.』『メタモルフォーゼ』などの野外フェスティバルにも積極的に関わり、お台場での「“渚”Nagisa Music Festival」はプロデュースチームの一角として、立ち上げからその中核を担っています。
さらに自分たちのコンセプトに、より忠実な場として、代々木公園での『アースガーデン“春”“夏”“秋”』や、「鼓童」「GOCOO」等を軸とした『festival:EarthBeat』、キャンプインによる中規模野外フェス『Natural High!』等の主催イベントも多数実施しています。
また、事業の拡大に伴い、05年にはアースガーデン・オフィスを母体にした「有限会社en(えん)」を設立し、その活動を補完し、その流れの中でお店「キミドリ」が開店、日常の中にオーガニックを届ける場として、営業を続けています。
オーガニック&エコロジーがあたりまえに語られる時代ですが、その意識と現実を多くの人々と共有できる豊かなコミュニケーションの場を求めて、イベントにかぎらず、メディア、店舗などを含む活動を続けています。

エコロジーガーデンとは(earth garden チラシより)
世の中の様々な問題と向き合おうとしている人たちによる出展企画です。小さな事から大きなことまで、あなたの心に響く切なる思いがそこにはきっとあるはずです。

地図はこちら

ページの先頭へ

2007年9月 平和の鳩 パレード

2007年度のウォークは終了しました,様子はここをクリックして下さい。
2007年9月 平和の象徴である白い鳩を掲げ練り歩く平和のはとパレードを開催します。
平和のはとパレード Peace Dove は2002年ジェーン博士が国連平和大使に任命されて以降、JGIで恒例となったイベントです。
世界中のRoots&Shootsのグループがそれぞれ平和へのねがいをこめて白い鳩を作成し、掲げています。
東京タワーの下、芝公園で今年第一回ピースデーウォークを行います。
多くの方々の参加をお待ちしております。 詳細はこちらをご覧ください。
また、みなさんもご自分の町でパレードをしてみませんか?
お問い合わせなどぜひ、事務局までご連絡ください。

ページの先頭へ

平和の鳩 パレード

2007年度のウォークは終了しました
今年の様子はここをクリックして下さい

2007年9月 平和の象徴である白い鳩を掲げ練り歩く平和のはとパレードを開催します。
平和のはとパレード Peace Dove は2002年ジェーン博士が国連平和大使に任命されて以降、JGIで恒例となったイベントです。
世界中のRoots&Shootsのグループがそれぞれ平和へのねがいをこめて白い鳩を作成し、掲げています。
東京タワーの下、芝公園で今年第一回ピースデーウォークを行います。
多くの方々の参加をお待ちしております。 詳細はこちらをご覧ください。
また、みなさんもご自分の町でパレードをしてみませんか?
お問い合わせなどぜひ、事務局までご連絡ください。

 

ページの先頭へ

Roots&Shoots ミーティング開催のお知らせ

8月24日(金)18時半から21時まで: 学術総合センター 中会議室1にて 開催いたします。
事前に申し込みをいただいた方以外でも、まだ席はございますので、参加ご希望の方は
当日直接会場 学術総合センター 中会議室1までお越しください。

roots&shoots(ルーツ アンド シューツ)へは、現在100以上の国や地域で1万以上のグループが取り組んでいる活動です。

事務局ではこれまでも、たびたびroots&shootsへのご参加を呼びかけてまいりました。

このたびは日本でroots&shootsを行っている方々の実際の話を聞いたり、事務局より、海外の事例を紹介したりという「roots&shootsってなんだろう」という話を中心に、進めてまいりたいと考えております。多くの方々のご参加をお待ちいたしております。
・会員、非会員を問わずご参加いただけます。(定員30名)
・参加費は無料です。

会の円滑な進行のため、参加ご希望の方は、事前にJGI事務局までメールもしくはファックスでご連絡いただきますようお願い申し上げます。

メールでお申し込みいただく方は、以下のお問い合わせフォームをご利用いただき、参加人数をお書き添えくださいますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォームは以下をクリックしてください。

学術総合センター (東京メトロ 神保町 竹橋駅から 徒歩で約10分)
学術総合センター 中会議室1へのアクセス(地図)は こちら をご覧下さい。

 

地図はこちら

ページの先頭へ

Tシャツアート展に参加します。

2007年7月14日〜22日まで、東京都港区台場 船の科学館 (羊蹄丸アドミラルホール)でのTシャツアート展に参加します。

この9日間、講演会などで販売しているJGI-JAPANオリジナルTシャツを出品することになりました。

出品のTシャツ2種類はどちらもチンパンジーと緑が描かれたもの。
来場された多くの方にジェーン博士の思いが伝わることを願っています。

このTシャツアート展はJAMMが主催するエコロジーチャリティーイベントです。売上一枚につきWWFへ500円の寄付が自動的にされます。
詳しくはこちらをご覧ください。

なお、Tシャツアート展2007 概要はこちらです。
■エコロジーチャリティTシャツアート展2007 概要
【テーマ】 エコロジー(地球温暖化防止)
【会 期】 2007年7/14(火)〜7/22(日)
【会 場】 東京都港区台場 船の科学館
       (羊蹄丸アドミラルホール・インターネット)
【主 催】 ジャイラ・メディアアート・アクト(JMAA)
       ecoT2007実行委員会
【後 援】 船の科学館
       日本財団公益コミュニティサイトCANPAN
       J-WAVE
       ZDNet Japan
       (株)自然エネルギー.コム
【特別後援】 久米繊維工業(株)
【特別展示】デジタルハリウッド学生によるデザインTシャツ
       コンペティション(ノミネート作品展示/非売)
【一般展示】クリエイターによるデザインTシャツエキシビジョン
       1枚販売につき500円を環境保護活動団体に寄付。
【協 力】 デジタルハリウッド
       日本イラストレーション協同組合準備会(JILLA)

多くの方々の参加をお待ちしております。 

地図はこちら

ページの先頭へ

Cartier LOVEDAYのお知らせ

2007年6月8日 Cartier LOVEDAYのお知らせ
カルティエは2007年6月8日よりLoveチャリティーブレスレットを販売します。

発売されるLoveチャリティーブレスレットの売上の10パーセントが慈善事業団体へ寄付されます。

寄付される団体は各界の第一人者に託されます。

このたびミュージシャン坂本龍一氏によりJGI-JAPANが寄付を受ける団体のひとつに選ばれました。

自然環境・野生動物保護・動物の福祉について情報を発信するNPOとして緑色のLoveチャリティーブレスレットの売上の寄付を受けることとなりました。

詳細につきましては、

http://www.love.cartier.comをご覧ください。

ページの先頭へ